家族

インプラント治療の魅力を知ろう|失った歯の機能を取り戻す

治療後の24時間が重要

歯医者

東京では最先端の歯科治療が受けることが出来ます。東京の歯科クリニックでは年々ホワイトニング治療を受ける患者さんの数が増えてきています。ホワイトニングとは、専門的な薬剤を使用することで歯の表面のくすみや汚れを綺麗にし、本来の白く綺麗な姿を取り戻すことが出来る治療になります。しかし東京の歯科クリニックでホワイトニング治療を受けたからといっても油断してはいけません。治療後の過ごし方次第で歯の白さの持続期間は大きく異なります。というのも治療後は歯のエナメル質を覆っているペリクル層が剥がれている状態になります。つまりは歯がとてもデリケートな状態なのです。このペリクル層が再生するまでには最低でも24時間必要です。東京の歯科クリニックでホワイトニング治療を受けた後に24時間は避けておきたいものをこちらでは紹介していきます。これを知っているのと知らないのとでは、効果の持続期間が大きく変わります。

まずホワイトニング治療後は出来るだけ飲食を避ける方がベターです。食品の中には酸を多く含むものもあります。酸性の食品はエナメル質のカルシウムを溶かす作用があり、歯の脱灰現象を招いてしまいます。そうなると歯の表面がものすごく荒れてしまうのです。ちなみに酸性の食品として有名なものでいうと、かんきつ系のフルーツ、炭酸飲料、乳酸菌系食品、梅干し、ケチャップ、赤ワイン、ビールなどがあります。食品は意外と大丈夫かもしれませんが、飲み物だとついつい無意識で摂取してしまう人も多いので気を付けましょう。また飲食以外にも、喫煙や口紅などもホワイトニング直後は基本的に避けておいた方が無難です。